2021年02月16日

新聞に掲載されました!


あるとき、
思いついたチャレンジを実行しただけ。

『昔の人のように、
  東海道五十三次を14日間で歩く』

あとには引けないように、
教室の会員さんに決意表明をする。

すると、

多くの会員さんが、
いろんなかたちでサポートをしてくれました。

スポンサー、道中のグルメスポット紹介、
応援メール、応援コメントなどなど…

さらに、
知り合いの新聞記者さんへの情報提供も。

そして、
取材を受けて読売新聞に掲載されました。

https://www.yomiuri.co.jp/local/hyogo/feature/CO047611/20210209-OYTAT50032/

実は、
出発前に取材依頼があったのですが、
「不要不急の外出自粛が呼びかけられている中、
 新聞に載って非難されるのでは…」と、
取材を受けるか返事に迷っていました。

記者さんが、
「ずっとマスクを着けて歩いては」と、
提案してくれました。

個人的な思いつきのチャレンジが、
「苦しいけど、
 感染対策をして東海道を踏破した」
「コロナ禍でも運動しましょう!」
と、良い社会的メッセージになると。

このアイデアが私の背中を押してくれて、
堂々とチャレンジすることができました。

「東海道らしい自撮り写真を
 撮っておいてください」とも注文を受け、
提供したのが富士川での一枚です。

(2月4日の丹波新聞は一面に別記事が掲載)

掲載されると、
私以上に会員さんたちが喜んでくれました。

「おめでとうございます」
「友達に自慢します」
「主人が喜んで教えてくれた」

本当に嬉しかったです。

東海道五十三次ウォーキングチャレンジが、
多くの方の健康維持の動機づけになり、
元気で明るい未来につながれば幸いです。

posted by かがやくトレーナー飯窪 at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 東海道五十三次ウォーキング

2021年02月09日

東海道五十三次 思い出アルバムD

DSC_0188~2-80b45.JPG
東海道五十三次ウォーキングチャレンジ

14日間のチャレンジ中、ブログに載せられなかった写真を【思い出アルバム】として投稿します。

11日目(1/5)
DSC_0210.JPG
箱根峠を示す道標

DSC_0212~2.JPG
芭蕉句碑
 @富士見平ドライブイン

 「霧しぐれ富士を見ぬ日ぞ面白き」
 時雨れて富士山が見えなくても
 その景色を楽しむ心のゆたかさ…流石です。

DSC_0214.JPG

DSC_0216.JPG
石畳と急坂が続きました。
 @山中城址

DSC_0221.JPG
芦ノ湖
 @箱根宿

DSC_0232.JPG
木の小橋
 @箱根旧街道

 峠の下りも石畳や自然道が続きました。
 この後、
 箱根湯本の温泉街、さらには小田原市街へ。

11日目のブログ


12日目(1/6)
DSC_0238~3.JPG
袖ヶ浦(再掲)

 小田原宿から大磯宿は潮の香りを感じる。

DSC_0247~3.JPG
藤沢市の閑静な住宅街
 @藤沢宿本陣跡

12日目のブログ


13日目(1/7)
DSC_0252~2-a636d.JPG
旧東海道から横浜駅方面を望む(再掲)
 @神奈川宿京口跡

 空が小さくなり都会に来ていると実感。

DSC_0258.JPG
生麦事件発生現場

 ここは、薩英戦争に繋がる、
 さらには明治維新へ繋がる事件現場。
 まさに日本の歴史が変わる
 きっかけとなった場所です。
 (あとから勉強して知りました)

13日目のブログ


14日目(1/8  最終日)
DSC_0263~2.JPG
坂本龍馬像
 @品川宿

 こんなところでも会えました。
 「必ず元気な日本になるぜよ」

DSC_0264~2.JPG
品川橋から見た荏原(えばら)神社前の鎮守橋

DSC_0266.JPG
高輪の高層ビル群

 昔は海も近く潮干狩りもできたそうです。

DSC_0275.JPG
汐留・新橋駅方面を望む

 西から来た東海道ウォーカーは、
 大都会にドキドキと緊張します。

 そして、ゴールまであと2km。

DSC_0285~2.JPG
東京都中央区日本橋

 達成感。充実感。満足感。安堵感。
 一言で表現するなら、
 「やったー!」です。

 一生の思い出
 
 最高に楽しい14日間でした。

14日目のブログ


DSC_0283~2.JPG

 あれから1ヶ月。

 今度は、
 東から西へ歩く?
 富士山も登頂する?
 中山道を歩く?

 新たなチャレンジを見つけたい。

 あぁ、幸せ〜


 思い出アルバム 完
posted by かがやくトレーナー飯窪 at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 東海道五十三次ウォーキング

2021年02月01日

東海道五十三次 思い出アルバムC

DSC_0188~2-39103.JPG
東海道五十三次ウォーキングチャレンジ

14日間のチャレンジ中、ブログに載せられなかった写真を【思い出アルバム】として投稿します。

10日目(1/4)
DSC_0151.JPG
往還坂
 @薩埵峠(静岡市清水区由比町)

 旧東海道の中で一番楽しみにしていた景色に
 出会えると思うと足どりは軽く、
 難所の上り坂も苦になりませんでした。

DSC_0152.JPG
薩埵(さった)峠頂上付近

 早朝は曇っていましたが青空が見えてきました。
 期待に胸を膨らませ上ります。ワクワク。

DSC_0163.JPG
薩埵峠の崖と駿河湾と富士山

 「うわぁ〜!」「ありがとう(涙)」
 思わず声が出るほどの絶景。
 広重の絵と同じ構図、
 ずっと出合いたかった景色に感動です。
 
 今は海岸線を高速道路や国道、
 JR東海道線が通っています。

DSC_0158~2.JPG
セルフタイマーで自撮り

 由比の絵にもこわごわのぞき込んでいる
 旅人の姿があります。

DSC_0161~2.JPG
峠から見た駿河湾

DSC_0170~2.JPG
出会ったカメラマンさんに撮影してもらう
 @薩埵峠展望台

DSC_0177.JPG
みかん畑と駿河湾

DSC_0204~2-54b87.JPG
DSC_0178~3.JPG
桜えびの佃煮を買った渡伝商店の看板
 @由比宿(静岡市清水区由比町)

DSC_0180~2.JPG
由比宿本陣跡

 この日は47kmを歩く行程でしてので、
 こまめに休憩と水分補給をしました。

DSC_0182.JPG
東名高速道路と富士山
 @蒲原宿(静岡市清水区蒲原)

 高速道路を運転するドライバーさんも、
 きっとワクワクする区間だろうと思った。

DSC_0014~2.JPG
駿河湾田子の浦のサンセット
 @原宿(静岡県沼津市)

 旧東海道を吉原宿から原宿へ向かうとき、
 防風林の松林が見えたので海側へ出てみた。
 整備された遊歩道、田子の浦、美しい夕焼け。
 こんなきれいな景色なら旧東海道よりも
 ここを歩くほうが幸せ。

DSC_0203.JPG
田子の浦のマジックアワー

 どこにいてもこの時間が大好きです。

DSC_0201~2.JPG
田子の浦の漁火

 漁火の向こう側が沼津市街と伊豆半島です。
 この日は、出発から12時間ほどかけて
 沼津宿まで歩きました。
 到着する頃にはかなり疲れを感じましたが、
 いろんな富士山、いろんな駿河湾、
 それぞれに雰囲気が違う宿場町が楽しめ、
 とても思い出に残る1日になりました。

10日目のブログ

 思い出アルバムDに続く
 
posted by かがやくトレーナー飯窪 at 19:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 東海道五十三次ウォーキング

2021年01月30日

東海道五十三次 思い出アルバムB

DSC_0188~2-cf1e5.JPG
東海道五十三次ウォーキングチャレンジ

14日間のチャレンジ中、ブログに載せられなかった写真を【思い出アルバム】として投稿します。

8日目(1/2)
DSC_0097.JPG
事任(ことのまま)八幡宮
 参拝者で賑わっていたのでこちらで初詣。
 @日坂宿(静岡県掛川市日坂)

DSC_0098.JPG
日坂宿 扇屋本陣跡

DSC_0115.JPG
青木坂から見た茶畑
 急坂の多い難所、小夜の中山は茶畑が広がる。
 @菊川村(静岡県島田市)

DSC_0118.JPG
金谷坂の石畳
 この坂の上にある「すべらず地蔵尊」まで
 受験生が合格祈願のために上がっていました。
 @金谷宿(静岡県島田市金谷本町)

DSC_0121.JPG
大井川橋
 大井川の川越しは水深4尺5寸で川止めに。
 そのため、大井川の西側金谷宿と東側島田宿は
 多いに賑わった。

DSC_0129.JPG
芭蕉の句碑
 「するがぢや  はなたち花も  ちやのにほひ」
 芭蕉は川止めで島田で4泊したとき、
 友人への手紙にこの俳句を添えたとのこと。
 すでに駿河といえば〘お茶〙という事が、
 全国的に広がっていたことが伺える。(要約)
 @島田宿

8日目のブログ


9日目(1/3)
DSC_0134.JPG
難所宇津ノ谷峠の頂上付近
 旧東海道らしい山道です。
 「登山やん(汗)」とひとりツッコミ。
 @宇津ノ谷(静岡市駿河区)

DSC_0137-985ab.JPG
元祖丁子屋(再掲)
 創業慶長元年(1596)  自然薯とろろ汁の老舗
 店内はとても広く、雰囲気の違う部屋が
 たくさんありました。

 元祖丁子屋のお部屋(ホームページより)

 @丸子宿(静岡市駿河区丸子)

9日目のブログ


静岡県の宿場は、それぞれに特徴があって
歩くことの疲れを感じないくらい楽しめました。


思い出アルバムCへ続く

posted by かがやくトレーナー飯窪 at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 東海道五十三次ウォーキング

2021年01月29日

東海道五十三次 思い出アルバムA

DSC_0188~2-f0511.JPG
東海道五十三次ウォーキングチャレンジ

14日間のチャレンジ中、ブログに載せられなかった写真を【思い出アルバム】として投稿します。

5日目(12/30)
DSC_0053-fa8b2.JPG
矢作橋
 当時の橋は、東海道一の大橋だったとのこと。
 @岡崎宿(愛知県岡崎市)

DSC_0054~3.JPG
まるや八丁味噌
 延元2年(1337)の創業。
 ご存知、大豆そのものを麹にした豆みそ。
 岡崎城から八町の距離にある村で作られたので、
 八丁味噌と呼び始めたとのこと。
 @岡崎宿

5日目のブログ

6日目(大晦日)
DSC_0064.JPG
二川宿の商家川口屋
 @二川宿(愛知県豊橋市)

DSC_0065~2.JPG
静岡県に入りました!
 @白須賀宿(静岡県湖西市)

 自分の足で静岡県まで来れたことに
 「うれしい〜!」と独り言&ニヤケ顔。

DSC_0068~2.JPG
椿
 この時期は花が少ないのですが、
 椿は街道沿いでよく見られました。
 @遠州灘の浜辺の集落

DSC_0070.JPG
新居関所跡
 関所内に今切の渡しの渡船場があり、
 『入り鉄砲と出女』を厳しく取り締まった。
 @新居宿(静岡県湖西市)

DSC_0078.JPG
大晦日の夕食
 インスタント年越しそば
 浜松餃子の代替でコンビニ餃子
 メインは、
 舞阪宿で買った特上釜揚げしらす!
 @浜松宿

6日目のブログ

7日目(元日)
DSC_0080~3-6034d.JPG
浜松の初日の出と新幹線(再掲)

DSC_0081.JPG
袋井宿の京口、高札場と常夜燈
 @袋井宿(静岡県袋井市)

DSC_0085.JPG
名栗松並木
 幕府の法令により街道に松並木が整備される。
 旅人を強い日差しや風から守った。
 ここの松並木は、東海道中膝栗毛にも登場する。

DSC_0095~2.JPG
ウエルカムドリンク
 お一人様2杯まで。
 令和3年初ビール!
 もちろん、2杯をグビグビ〜(幸せ〜)
 @くれたけイン掛川  (掛川駅前)

7日目のブログ

大晦日まで膝と左アキレス腱の炎症があったが、
元日を境に回復傾向に。
体も重いバックパックや長距離歩行に慣れてきて、さらに〘歩き〙を楽しめるようになってきました。

思い出アルバムBに続く

posted by かがやくトレーナー飯窪 at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 東海道五十三次ウォーキング

2021年01月26日

東海道五十三次 思い出アルバム@

DSC_0188~2.JPG
東海道五十三次ウォーキングチャレンジ

スタートしてから早1か月です。

チャレンジ中、ブログに載せられなかった
写真を【思い出アルバム】として投稿します。

出発日(12/26) 
DSC_0001~2.JPG
決意の背中
 @京都三条大橋

DSC_0012.JPG
田中七左衛門本陣跡
 現存する本陣遺構では最大級とのこと
 @草津宿(滋賀県草津市)

DSC_0013.JPG
東海道と中山道の追分道標
 「左中仙道美のぢ 右東海道いせみち」
 @草津宿

DSC_0014.JPG
六地蔵の一里塚跡
 ここから江戸まで百十七里
 @石部宿(滋賀県湖南市)

初日の日没。
京都三条から30km以上歩いた疲労に加え、
暗くなっていく不安からペースアップしたため、
膝に違和感が出始めたのを覚えています。



2日目(12/27)
DSC_0031.JPG
月明かりの宿場
 @関宿(三重県亀山市関町)

関宿から亀山宿まで、暗い中を歩きました。
1時間半ほどの道のりでしたが、
非常に長く感じたのを覚えています。

2日目のブログ

3日目(12/28)
DSC_0038~2.JPG
四日市の商店街で大入道に遭遇!
 @四日市宿(近鉄四日市駅前)

胸郭と骨盤、足のリズムが合ったいい歩きが
習得できたように感じました。
しかし、左膝の腫れはピークに。

3日目のブログ

4日目(12/29)
DSC_0045.JPG 
ついに愛知県へ。
 @尾張大橋(国道1号線木曽川上)

DSC_0049.JPG
七里の渡し跡
桑名から船に乗ればこの港で下船。
 @宮宿(名古屋市熱田区)

DSC_0052~2.JPG
有松絞りの暖簾
鳴海宿を過ぎて日没。
いい雰囲気でしたが暗くて街の撮影は断念。
 @有松(名古屋市緑区)

DSC_0055~2.JPG
知立の夕食
名古屋で食べられなかったみそカツと手羽先。
50km歩いて疲労困憊の身体に至福の一杯。
 @知立宿(愛知県知立市)

4日目のブログ

思い出アルバムAへ続く

posted by かがやくトレーナー飯窪 at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 東海道五十三次ウォーキング

2021年01月10日

あとがき 東海道五十三次ウォーキング

夢のような14日間とその後。

DSC_0290.JPG
旧東海道を京都三条大橋から江戸日本橋まで。
さらに、
ゴールしたその足で江戸城(皇居)まで歩きました。
実はここを最終目的地と決めていました。

皇居見学ツアーは中止になりましたが、
大満足で東海道五十三次ウォーキング・
14日間チャレンジを終えられました。

DSC_0294.JPG

浅草寺近くの宿で、
いつも通りアイシングをして
寝る前のゆるゆるをして疲れを落としました。

DSC_0301.JPG

2週間の生活リズムで5時過ぎに目が覚めます。
この日も朝からゆるゆる。
6時過ぎ、朝焼けのスカイツリー。

DSC_0307.JPG

帰る前に寄っておきたい場所へ向かいます。

DSC_0310.JPG

新国立競技場。
私には祈ることしかできませんが、
どんな形でもいいので、
東京オリンピックが開催せれるますように。

DSC_0312.JPG

明治神宮野球場。
阪神ファンの息子のお土産リクエスト、
東京ヤクルトスワローズの帽子を買いに。
(???)

DSC_0318.JPG

皇居前広場。
奥に向かって一礼。
早く元気な日本になりますように。

もうやり残したことはありません。
清々しい気持ちで東京駅へ向かいます。

DSC_0321.JPG

13時18分発のぞみ新大阪行。

DSC_0323~2.JPG

まさに夢の超特急。
品川、横浜と2日かけて歩いた街を
ほんの数分で走り抜けます。

いつもは感動する富士山を
なぜか寂しい気持ちで眺めてしまいます。

15時21分 京都着
15時45分 新大阪着

14日間の道のりを2時間半で帰る。

新幹線のスピード、日本のテクノロジーを
あらためてすごいと感じました。
便利な今の暮らしに感謝ですね。

しかし、
ゆるりゆるりと
日が昇り日が沈むまで
その日やれること精一杯やる。

日々是好日

こんな暮らしもいいもんだと。

心豊かな人生とは・・・

DSC_0324~2.JPG

優しい家族に感謝。

今回のチャレンジを宣言してから、
いろいろと道中の情報を教えてくれたり、
スポンサーとなってご支援をくださったり、
「無理せず途中で帰って来てもいいよ」と、
本当に心配をしてくれたり、
出発前に「がんばってね」と応援してくれたり、
拙いブログを読んで、
一緒に感動してくれたり、
励ましのメッセージを送ってくれたりと、

本当に心温かい人たちに囲まれて
いい人生を送れているなと思いました。


まだまだ未熟者ですが、
今回の経験を活かして、
私も皆様が健康で幸せな人生になるよう
精一杯、体づくりをサポートしてまいります。

《50にして天命を知る》


最後にあらためて、

皆様、本当に応援ありがとうございました。
心より感謝申し上げます。

そして、
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

(追記)
体重1.6kg減。
体脂肪率4.2%減。
posted by かがやくトレーナー飯窪 at 19:39| Comment(4) | TrackBack(0) | 東海道五十三次ウォーキング

2021年01月09日

14日目 川崎宿〜江戸日本橋

53_01.jpg
14日目、いよいよ最終日です。

DSC_0260.JPG

今日も晴れ。
川崎宿を出てすぐに東京都に入ります。

DSC_0261~2.JPG

きっと道中で最後の富士山になるでしょう。
「あと少し。がんばれ!」
と見送ってくれているようでした。

DSC_0265~2-90179.JPG

昨日、
ゴールするときはどんな心境か?
と、考えていましたが
この残り日本橋6kmの時点で、
「ここまで身体がよく耐えた」
「宣言どおり14日間でゴールできる」と、
大きな安堵感に包まれ胸が熱くなりました。
同時に、
もう終わってしまう寂しさも湧いてきました。

DSC_0268~3.JPG

高いビル、大きな交差点、
通りの向こう側に見える東京タワー
江戸ではなく《東京》を強く感じた光景でした。

DSC_0272~2.JPG

若いビジネスマンに撮影を依頼。
快く何枚も撮影してくれました。ありがとう。

DSC_0278.JPG

銀座。
ゴール目前です。

DSC_0280~2.JPG

〘日本橋〙の文字が見えたとき、
「おめでとう」「よくがんばった」と、
応援してくれていた会員さん達の姿が
重なってみえました。

マスクの中で
『来たよ、来たよー』と声が出ました。
50歳の涙腺は、もうコントロールができません。

DSC_0281~2.JPG

ここに両手でタッチ。
無事にゴールできました。

ゴールできたときの心境は、
どんどんと喜びが溢れてきて、
素直に「やったー」と声が出ていました。

ゴールできたときの表情は、
マスクの中は涙で濡れていましたが、
達成感からくる笑顔だったと思います。

DSC_0288.JPG

お伴した菅笠と足半とバックパック
ありがとうね。

今日は20.1km歩きました。
歩行時間 4時間40分

14日間の
総歩行距離 530.7km
総歩行時間 118時間55分
平均速度  4.49km/h

〈今日の気づき
♡14日間で一番足が軽かった。
♡応援が本当に力になること。
♡人は、嬉しい気持ち、寂しい気持ち、笑顔、涙顔が全部一緒に表せること。

DSC_0284~2.JPG

皆様、応援ご支援ありがとうございました。


posted by かがやくトレーナー飯窪 at 00:44| Comment(4) | TrackBack(0) | 東海道五十三次ウォーキング

2021年01月08日

速報

DSC_0284.JPG
本日1月8日14時30分、
無事に江戸日本橋に到着いたしました。

皆様、応援ありがとうございました。
心から感謝申し上げます。
posted by かがやくトレーナー飯窪 at 14:52| Comment(21) | TrackBack(0) | 東海道五十三次ウォーキング

2021年01月07日

13日目 藤沢宿〜川崎宿

53_7.jpg
江戸に近づいてきました。
江の島に近い藤沢宿。
今日も晴れていますが強風です。

DSC_0248~2.JPG

こうやって元気に歩けているのは、
《朝のゆるゆる》
《到着後のアイシング》
《寝る前のゆるゆる》
そして、
《出発前のテーピング》
のお陰です。
白いテーピングはマメ予防、
肌色のキネシオテープは筋肉や腱の負担軽減に。
キネシオテープは元日から貼っています。
毎日アスファルトの上を
30kmから40km以上歩くのは、
関節にかなり負担をかけていると気づき、
大晦日にドラッグストアに駆け込みました。
(本当は頼りたくはなかったのですが…)

DSC_0249~2.JPG

出発してすぐに戸塚に入りました。
今日もマンホールに気づかされます。

DSC_0250~2.JPG

街中からでは富士山を望むことはできないと
思っていましたが、
高台に上がったときに振り返ると見えました。
霞んで見づらいですが、赤い企業名の上です。

DSC_0251.JPG

神奈川県で唯一、原型のまま残る一里塚。
日本橋から9番目の一里塚との事。
と、いうことは日本橋まで36kmです。

DSC_0252~2.JPG

歩きながら見える景色がちがってきました。
高層ビルが多くなってきました。

DSC_0253~2.JPG

道標や案内板がなければ、
この道が旧東海道とは気づかないでしょうね。

DSC_0256~2.JPG

頭上を通る首都高速道路。
都会ならではの風景でしょうか。
あと20km。
大都会の江戸では、
どんな風景に出会えるかも楽しみです。

今日は、32.3km歩きました。
歩行時間 7時間10分

〈今日の考え事〉
○明日、無事にゴールできたとしたら、
その時、
どんな心境になるのか?
  嬉しい?寂しい?
どんな表情になるのか?
  笑ってる?泣いている?

ありのままでゴールを目指そう!
posted by かがやくトレーナー飯窪 at 20:31| Comment(4) | TrackBack(0) | 東海道五十三次ウォーキング