2016年11月17日

足ウラの感覚をよくして正しいスクワット

1479373853275.jpg

晩秋。

街路樹も色鮮やか。

気温が低くなって足先も冷えやすい季節です。

今日の教室は、足ウラの感覚をよくして

体に負担がかからない

腰の落とし方、上げ方の習得が目標です。

(安定したスクワット)

しゃがむ動作や立ち上がる動作で

膝や腰に痛みをだす人は

足ウラの接地面がグラグラして

膝や股関節の屈曲が安定しない場合が多いです。

足の冷え、

長時間の立位、長距離の歩行などで

血行不良や緊張、疲労で筋肉が硬くなると

ますます足ウラの感覚が鈍くなってきます。

つま先に必要以上に体重をかけたり、

小指や踵の外側に体重をかけると

姿勢がくずれ、股関節の屈伸がうまくできません。

そのため、膝や腰に負担が大きくなります。

体操前に

ペアでお互いのスクワットフォームをチェック。

体操では、

足ウラのセルフマッサージ、ストレッチ、

ストレッチポールで骨盤周囲のリラクゼーション、

脛骨直下コツコツ体操で、

足ウラの感覚を良くしました。

体操後にもう一度スクワットフォームをチェックすると

皆さん、見事にフォームが改善されていました。


きれいなスクワットは足ウラから。

新しいアプローチに手ごたえを感じました。


posted by かがやくトレーナー飯窪 at 19:31| Comment(0) | TrackBack(0) | いきいき健康教室