2020年12月31日

大晦日 吉田宿〜浜松宿

53_35.jpg

大晦日も歩きます。
今日は、感動する景色に出会いました。

DSC_0062~2-3f045.JPG

豊橋市は朝から快晴。
我が家からは、雪景色の写真が送られてきました。

DSC_0067~2-9fa2d.JPG

静岡県。
白須賀宿を越えたところにある潮見坂。
京都から来た旅人が初めて海を見るのがここです。

歩いて静岡県に来れたことにも感動しましたが、
キラキラ光る海が見えたときは感動しました。

DSC_0072~2-490ca.JPG

浜名湖の歩道橋を歩いているところです。
横に新幹線の鉄橋があり、
時速250km以上のスピードで追い抜いて行きます。

なんとびっくりしたことか、
ここで富士山に出会えたのです!
思わず「おーっ!富士山!!」と声を上げます。

もっと東へ行かないと見られないと思っていたので、とても感動しました。

hiroshige043_main-thumb-480x480-352.jpg

よく見れば、
舞坂の絵にも白い富士山が描かれていますね。
東へ進むほど富士山が大きくなるで楽しみです。

〈今日の気づき〉
美しい海や美しい山々。
昔から変わらない自然の風景。
これらは心身の疲れを忘れさせてくれます。


大晦日は、41.9km。
歩行時間、9時間半。
京都から250km以上歩きました。
ついに半分まで来た!

皆様、
ここまで応援ありがとうございます。
よいお年をお迎えください。
posted by かがやくトレーナー飯窪 at 23:37| Comment(4) | TrackBack(0) | 東海道五十三次ウォーキング

2020年12月30日

5日目 知立宿〜吉田宿(愛知県豊橋市)

4078118.jpg
今朝も小雨の中、出発。
知立では馬市が描かれています。

DSC_0055.JPG

「こんにちは」「何してんの?」
人と話すことがないので、馬に話しかける(笑)
バイバイと手を振って別れました。

DSC_0057.JPG

今日の行程では松並木が多く見られました。
藤川宿の松並木。太い幹なので当時からあった松です。

DSC_0058~2.JPG

赤坂、御油は大いに賑わいのあった宿場です。
今日は風が冷たく休憩の間に体が冷えてしまった。

DSC_0060.JPG

御油の松並木は旧東海道の雰囲気を味わえました。
体が冷えて足が重くなり、今日も日没。
でも、右(西)の夕日と、左(東)の満月に挟まれて歩けて嬉しかったです。

今日は46km。
歩行時間は10時間。

〈今日の気づき〉
東へ進む私の背中を、強い西風が押してくれてました。
「あ〜楽や」「背中押してくれてありがとう」と風にまで語りかけていました。

馬や風と会話。
孤独感を、こうして乗りきっています(笑)

明日は大晦日。
早くゴールしてゆっくりしたいな。

posted by かがやくトレーナー飯窪 at 23:24| Comment(4) | TrackBack(0) | 東海道五十三次ウォーキング

2020年12月29日

4日目 桑名宿〜知立宿(愛知県知立市)

hiroshige055_main-thumb-480x480-424.jpg
DSC_0043~2.JPG

おそらく最長距離になったでしょう。
ヘロヘロですが頑張ってブログを投稿します。

DSC_0044.JPG

江戸時代は、七里の渡しと言われた航路でしたが、
現在は、航路がなく国道1号線をひたすら歩きます。

DSC_0048~2.JPG
辛かった(涙)5時間、ただまっすぐ歩くだけ。
ようやく着いた宮の船着き場で、スリスリゆるゆる。

DSC_0050~2.JPG

熱田神宮を参拝。
清々しい気持ちになり、疲れを忘れられました。

フラフラになりながら、宿に到着。
真っ先に足と膝のアイシング。

今日の歩行距離は、
参拝した境内の往復をいれて50.8km。
所要時間は、11時間10分

〈今日の満足できたこと〉
☆☆☆名古屋で食べそびれた、みそカツと手羽先が知立の和食屋さんで食べられた(◍•ᴗ•◍)

明日も40km超え。
足と膝を労りながら、のんびり歩こう。

posted by かがやくトレーナー飯窪 at 23:39| Comment(11) | TrackBack(0) | 東海道五十三次ウォーキング

2020年12月28日

3日目 亀山宿から四日市宿を越えて

hiroshige059_main-thumb-480x480-448.jpg
広重は亀山の雪の朝を描いていますが、
今朝は小雨の中を出発しました。

次の庄野宿に向かう途中、道を間違い遠回りに。
庄野は写真も撮らずに通過しました。

DSC_0033.JPG

石薬師寺。多くの旅人が旅の安全を祈願したとのこと。
私も、安全と膝の痛みがひくように手を合わせました。

DSC_0037~2.JPG

今日は三重県をずっと北に進みます。
太陽がず〜っと後頭部にあたります。
冬でも頭と顔に日焼け止めクリームを塗って対策。

DSC_0042~2.JPG

やっと出会えた地元の名物
四日市の老舗スイーツです。笹井屋なが餅。

今日も日没後に宿へ到着しました。

今日の歩行距離は、36.1km
歩行時間は、9時間でした。

〈今日の嬉しかったこと〉
♡石薬師寺の参拝後、寺を出たところで東からの東海道ウォーカーさんと出会いました。栃木県日光市から東京に出てきて、日本橋から15日間の予定で京都を目指しているとのこと。
「12日目で初めて西から東海道を歩く人と出会った!」と興奮した様子で、そのあとも話がはずんで20分も立ち話(笑)
お互いこれから歩く道の情報交換と無事にゴールできることを祈って別れました。

明日は恐らく最長歩行になるでしょう。
出会った東海道ウォーカーさんのアドバイスで、七里の渡しの代わりに国道1号線を歩こうと思います。

明日も一歩一歩、進むだけ!
明日も楽しもう!
posted by かがやくトレーナー飯窪 at 21:27| Comment(4) | TrackBack(0) | 東海道五十三次ウォーキング

2020年12月27日

2日目 水口宿(滋賀県甲賀市)〜亀山宿

No.052-600x389.jpg
前日の筋肉痛が残っていたので、
今日はスローペースで歩くことに。

DSC_0019~2.JPG

かんぴょうで有名な水口。
広重の絵はこの辺りで描いたそうです。

DSC_0021.JPG

土山宿は昔の面影を残しています。
今日の歩き方は乳酸が溜まらないです。

DSC_0025.JPG

広重は雨が降る田村橋を描いていますが、
今日は晴天で暖かいです。
(参考)

DSC_0026~2.JPG

西の難所、鈴鹿峠はいきいき流ナンバ歩き!
誰もいないので恥ずかしくありません(笑)

DSC_0027.JPG

近江國から伊勢國へ。2つ目の県境です。
でも、まだまだ先は長い。

DSC_0029.JPG

坂下宿に描かれた筆捨山
今日はどれも広重と同じ構図で撮れました。

DSC_0030.JPG

とても美しい宿場町の関ですが日没後に到着。
灯りに照らされた静かな宿場もいいものです。
ここから5km先の亀山が2日目のゴール。

今日の歩行時間は9時間半、
亀山宿まで40.4kmを歩きました。
(初日は宿泊した場所まで44.2kmでした)

〈今日の嬉しかったこと〉
♡すれ違う旅人とお互いに、
 「がんばってください」と声を掛け合った。
♡老舗のご主人と仲よくなり、
 お店に手ぬぐいを飾ってくれた。

明日も楽しんで歩こう。
posted by かがやくトレーナー飯窪 at 22:49| Comment(6) | TrackBack(0) | 東海道五十三次ウォーキング

2020年12月26日

1日目 京三条大橋〜石部宿(滋賀県湖南市)

DSC_0004.JPG
京都三条大橋。
いよいよ出発です。
『歩き』を楽しみます!

DSC_0002.JPG

弥次さん喜多さんも感染予防。
私も14日間、感染予防を徹底します。

DSC_0008.JPG

歌川広重の大津宿には、
月心寺の境内にある井戸(写真中央)から
水がコンコンと湧き上がっています。

これから広重が描いた東海道五十三次と
同じ場所を訪れたりします。
こちらを参考にしてみてください。

DSC_0009.JPG

琵琶湖までは軽快に歩けました。
ここまで14km。

DSC_0011.JPG

草津宿に描かれている茶屋。
新しい建物ですが少し雰囲気が残っています。

DSC_0015.JPG

石部宿に向かう途中で日没。
信楽焼きのたぬき親子と夕日を眺める。

DSC_0018.JPG

石部宿の伊勢屋を再現した茶屋。
もう真っ暗。
出発から10時間半。ようやく宿に到着。

<今日の反省>
背中の荷物が6kgもあり、
ハイペースで歩くと、
脚への負担が大きくなり、
後半は乳酸で太ももがパンパン!

明日は鈴鹿峠越え。

ゆるりゆるり、歩きを楽しもう!
posted by かがやくトレーナー飯窪 at 22:49| Comment(4) | TrackBack(0) | 東海道五十三次ウォーキング

東海道五十三次ウォーキング 5カ条

東海道五十三次ウォーキング
14日間チャレンジ

 〘5カ条〙

一、生きて帰ること
一、歩きを楽しむこと
一、一期一会を大切にすること
一、乗り物に頼らないこと
一、コロナに感染しないこと

を、電車のなかで制定しました。
posted by かがやくトレーナー飯窪 at 22:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 東海道五十三次ウォーキング

2020年12月25日

心と体の準備完了、さぁ出発。


DSC_0002~3-e7162.JPG
東海道五十三次ウォーキング
14日間チャレンジ

出発前夜。

荷造りは、完璧とは言えませんが

準備完了です。

体は、ストレッチポールで

ゆるめられた。

心は、

  寒いのは当たり前
  疲れるのは当たり前
  足が痛くなるのは当たり前と、

覚悟はできた。

そのうえで、

おもいっきり楽しんでやろうと決めた!

明日から

ちょっくら江戸へ。

posted by かがやくトレーナー飯窪 at 23:23| Comment(6) | TrackBack(0) | 東海道五十三次ウォーキング

2020年12月18日

兵庫県縦断チャレンジ 〜記録〜

DSC_0438~2-1778a.JPG
東海道五十三次の踏破のためには、

「持久力、忍耐力のトレーニングが必要」と、

兵庫県(淡路島を除く)の縦断を開始。

5/27  明石港〜三木駅
          20km
          ◎明石海峡大橋を望む公園を出発。

5/28  三木駅〜日本へそ公園(西脇市)
          29km

6/1  日本へそ公園〜谷川駅(丹波市)
        12km

6/2  谷川駅〜石生駅(丹波市)
        12km

DSC_0482~2-55bc4.JPG

6/4  石生駅〜和田山駅(朝来市)
        36km  
        ◎一番の難所、遠阪峠を越える。

DSC_0502.JPG

6/8  和田山駅〜豊岡駅
        31km  
        ◎出発前に竹田城跡を望む立雲峡へ。

DSC_0523~2-0d9db.JPG

6/12  豊岡駅〜日和山公園(日本海)
          16km

7日間で156kmを踏破し、

日本海が見えたときは感動しました。

気温が30℃になる日もありましたが、

平均時速4.6kmで歩けることがわかり、

一日で歩ける距離もわかり、

いいトレーニングになりました。

        京都三条から江戸日本橋まで
        14日間で歩く挑戦

いよいよ令和2年12月に決行です。
posted by かがやくトレーナー飯窪 at 18:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年12月16日

兵庫県縦断チャレンジ 〜プロローグ〜


緊急事態宣言発令中、

運動不足にならないよう

自宅トレーニングや

自宅周辺のウォーキングを続けていました。

毎日、同じコースでは飽きるので

いろいろなウォーキングコースを見つけ、

次第に距離を延ばしていきました。

ときには、登山を含めて20km以上も歩き

ウォーキングの域を越える日もありました。


そして、緊急事態宣言が解除。

しかし、

仕事場の施設が利用できなかったので、

休職が続きました。

兵庫県知事さんが、

「県内なら外出OK」と宣言した日に、

東海道五十三次のトレーニングとして、

兵庫県を縦断してみようと思い立ったのです。

次回は、そのチャレンジを振り返ります。
posted by かがやくトレーナー飯窪 at 18:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年12月09日

令和2年の決意 東海道五十三次を歩く!

およそ3年ぶりの更新です。

元号が令和に変わっていますあせあせ(飛び散る汗)

令和2年になったばかりのお正月、

箱根駅伝のテレビ中継で

箱根から小田原に向けて力走する選手を観ていて、

  あの『挑戦』をするなら今年だ!

との思いが降って下りてきました。

その挑戦とは、

東海道を15日間で歩く」こと。

前回のブログで、その想いを綴っています。

↓↓↓

<昔の人の身体能力を感じる旅 其の一>
http://karadadukuri.sblo.jp/article/178269111.html
<昔の人の身体能力を感じる旅 其の二>
http://karadadukuri.sblo.jp/article/178296448.html

数年前から昔の人の身体能力に興味を持ち、

「いつか東海道を踏破したい」との想いを抱きはじめ、

今年で節目の50歳になることから、

この決断を下したのだと思います。


令和2年は、新型コロナウイルスの感染拡大で

混乱した世の中になってしまいましたが、

万全の対策で実行したいと準備を進めています。

今回のブログは、

忘れていたブログの投稿を操作方法を確認し、

読んでくださった方に、

このチャレンジを表明することが目的です。

(なんとか操作方法を思い出せましたひらめき

次回は、チャレンジに向けたトレーニング記録を

綴りたいと思います。
posted by かがやくトレーナー飯窪 at 19:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記