2021年02月16日

新聞に掲載されました!


あるとき、
思いついたチャレンジを実行しただけ。

『昔の人のように、
  東海道五十三次を14日間で歩く』

あとには引けないように、
教室の会員さんに決意表明をする。

すると、

多くの会員さんが、
いろんなかたちでサポートをしてくれました。

スポンサー、道中のグルメスポット紹介、
応援メール、応援コメントなどなど…

さらに、
知り合いの新聞記者さんへの情報提供も。

そして、
取材を受けて読売新聞に掲載されました。

https://www.yomiuri.co.jp/local/hyogo/feature/CO047611/20210209-OYTAT50032/

実は、
出発前に取材依頼があったのですが、
「不要不急の外出自粛が呼びかけられている中、
 新聞に載って非難されるのでは…」と、
取材を受けるか返事に迷っていました。

記者さんが、
「ずっとマスクを着けて歩いては」と、
提案してくれました。

個人的な思いつきのチャレンジが、
「苦しいけど、
 感染対策をして東海道を踏破した」
「コロナ禍でも運動しましょう!」
と、良い社会的メッセージになると。

このアイデアが私の背中を押してくれて、
堂々とチャレンジすることができました。

「東海道らしい自撮り写真を
 撮っておいてください」とも注文を受け、
提供したのが富士川での一枚です。

(2月4日の丹波新聞は一面に別記事が掲載)

掲載されると、
私以上に会員さんたちが喜んでくれました。

「おめでとうございます」
「友達に自慢します」
「主人が喜んで教えてくれた」

本当に嬉しかったです。

東海道五十三次ウォーキングチャレンジが、
多くの方の健康維持の動機づけになり、
元気で明るい未来につながれば幸いです。

posted by かがやくトレーナー飯窪 at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 東海道五十三次ウォーキング

2021年02月09日

東海道五十三次 思い出アルバムD

DSC_0188~2-80b45.JPG
東海道五十三次ウォーキングチャレンジ

14日間のチャレンジ中、ブログに載せられなかった写真を【思い出アルバム】として投稿します。

11日目(1/5)
DSC_0210.JPG
箱根峠を示す道標

DSC_0212~2.JPG
芭蕉句碑
 @富士見平ドライブイン

 「霧しぐれ富士を見ぬ日ぞ面白き」
 時雨れて富士山が見えなくても
 その景色を楽しむ心のゆたかさ…流石です。

DSC_0214.JPG

DSC_0216.JPG
石畳と急坂が続きました。
 @山中城址

DSC_0221.JPG
芦ノ湖
 @箱根宿

DSC_0232.JPG
木の小橋
 @箱根旧街道

 峠の下りも石畳や自然道が続きました。
 この後、
 箱根湯本の温泉街、さらには小田原市街へ。

11日目のブログ


12日目(1/6)
DSC_0238~3.JPG
袖ヶ浦(再掲)

 小田原宿から大磯宿は潮の香りを感じる。

DSC_0247~3.JPG
藤沢市の閑静な住宅街
 @藤沢宿本陣跡

12日目のブログ


13日目(1/7)
DSC_0252~2-a636d.JPG
旧東海道から横浜駅方面を望む(再掲)
 @神奈川宿京口跡

 空が小さくなり都会に来ていると実感。

DSC_0258.JPG
生麦事件発生現場

 ここは、薩英戦争に繋がる、
 さらには明治維新へ繋がる事件現場。
 まさに日本の歴史が変わる
 きっかけとなった場所です。
 (あとから勉強して知りました)

13日目のブログ


14日目(1/8  最終日)
DSC_0263~2.JPG
坂本龍馬像
 @品川宿

 こんなところでも会えました。
 「必ず元気な日本になるぜよ」

DSC_0264~2.JPG
品川橋から見た荏原(えばら)神社前の鎮守橋

DSC_0266.JPG
高輪の高層ビル群

 昔は海も近く潮干狩りもできたそうです。

DSC_0275.JPG
汐留・新橋駅方面を望む

 西から来た東海道ウォーカーは、
 大都会にドキドキと緊張します。

 そして、ゴールまであと2km。

DSC_0285~2.JPG
東京都中央区日本橋

 達成感。充実感。満足感。安堵感。
 一言で表現するなら、
 「やったー!」です。

 一生の思い出
 
 最高に楽しい14日間でした。

14日目のブログ


DSC_0283~2.JPG

 あれから1ヶ月。

 今度は、
 東から西へ歩く?
 富士山も登頂する?
 中山道を歩く?

 新たなチャレンジを見つけたい。

 あぁ、幸せ〜


 思い出アルバム 完
posted by かがやくトレーナー飯窪 at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 東海道五十三次ウォーキング

2021年02月01日

東海道五十三次 思い出アルバムC

DSC_0188~2-39103.JPG
東海道五十三次ウォーキングチャレンジ

14日間のチャレンジ中、ブログに載せられなかった写真を【思い出アルバム】として投稿します。

10日目(1/4)
DSC_0151.JPG
往還坂
 @薩埵峠(静岡市清水区由比町)

 旧東海道の中で一番楽しみにしていた景色に
 出会えると思うと足どりは軽く、
 難所の上り坂も苦になりませんでした。

DSC_0152.JPG
薩埵(さった)峠頂上付近

 早朝は曇っていましたが青空が見えてきました。
 期待に胸を膨らませ上ります。ワクワク。

DSC_0163.JPG
薩埵峠の崖と駿河湾と富士山

 「うわぁ〜!」「ありがとう(涙)」
 思わず声が出るほどの絶景。
 広重の絵と同じ構図、
 ずっと出合いたかった景色に感動です。
 
 今は海岸線を高速道路や国道、
 JR東海道線が通っています。

DSC_0158~2.JPG
セルフタイマーで自撮り

 由比の絵にもこわごわのぞき込んでいる
 旅人の姿があります。

DSC_0161~2.JPG
峠から見た駿河湾

DSC_0170~2.JPG
出会ったカメラマンさんに撮影してもらう
 @薩埵峠展望台

DSC_0177.JPG
みかん畑と駿河湾

DSC_0204~2-54b87.JPG
DSC_0178~3.JPG
桜えびの佃煮を買った渡伝商店の看板
 @由比宿(静岡市清水区由比町)

DSC_0180~2.JPG
由比宿本陣跡

 この日は47kmを歩く行程でしてので、
 こまめに休憩と水分補給をしました。

DSC_0182.JPG
東名高速道路と富士山
 @蒲原宿(静岡市清水区蒲原)

 高速道路を運転するドライバーさんも、
 きっとワクワクする区間だろうと思った。

DSC_0014~2.JPG
駿河湾田子の浦のサンセット
 @原宿(静岡県沼津市)

 旧東海道を吉原宿から原宿へ向かうとき、
 防風林の松林が見えたので海側へ出てみた。
 整備された遊歩道、田子の浦、美しい夕焼け。
 こんなきれいな景色なら旧東海道よりも
 ここを歩くほうが幸せ。

DSC_0203.JPG
田子の浦のマジックアワー

 どこにいてもこの時間が大好きです。

DSC_0201~2.JPG
田子の浦の漁火

 漁火の向こう側が沼津市街と伊豆半島です。
 この日は、出発から12時間ほどかけて
 沼津宿まで歩きました。
 到着する頃にはかなり疲れを感じましたが、
 いろんな富士山、いろんな駿河湾、
 それぞれに雰囲気が違う宿場町が楽しめ、
 とても思い出に残る1日になりました。

10日目のブログ

 思い出アルバムDに続く
 
posted by かがやくトレーナー飯窪 at 19:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 東海道五十三次ウォーキング