2014年10月20日

指導された投球モーションを体得するために


ピッチングコーチから下半身の使い方を教わる

大学1年生のピッチャー。

下半身が左に流れてボールに勢いが出ません。

修正してもまたいつもの投球モーションに戻ります。

投球練習の前、

彼は室内練習場で黙々とトレーニングをしていました。

ゴムバンドを使って下半身の強化に取り組んでいました。

ちょっと姿勢が気になったので、

「ストレッチポールを使ってみない?」と声をかけました。

姿勢と骨盤股関節の動作をセルフチェックしてから、

ベーシックセブン&骨盤調整を10分ほど行いました。

そして再び姿勢と動作をチェック。

うわっexclamation×2

彼は左右の筋力バランスが崩れていることに気づきました。


右投げピッチャーだけど左足を上げたときの軸が不安定。
踏み出した左足に体重が乗ると左(外側)へ体が流れる。


ひらめき投球フォームの不安定は
体幹部の筋力の不安定が原因だったのか!

気付く。自覚する。これが大事!

このピッチャーがセルフコンディショニングで

弱点を強化し、

コーチに教わったピッチングを体得し、

試合で活躍する日が楽しみです。
1413808333841.jpg
posted by かがやくトレーナー飯窪 at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | アスリートコアコン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/104777936
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック