2017年01月06日

昔の人の身体能力を感じる旅 其の二

前回の続きを歩きました。

西国街道の瀬川宿(大阪府箕面市)から

京都市南区の羅生門跡、東寺へ向かい、

さらには東海道の西の起点、

三条大橋をめざしました。
東海道55.jpg


「ゆるりと東海道歩き旅」
〜序章〜
三条大橋を目指して・2日目

平成29年1月5日 午前8時半

前回のゴールだった瀬川宿をスタート。
次の宿場までの距離が示されていました。
1483655467449.jpg

郡山宿本陣(大阪府茨木市)
前回の疲れが残っていたのか、右足に違和感が・・・1483655491579 (2).jpg

次の宿場、芥川宿(大阪府高槻市)にある一里塚
右足甲に腫れを感じる。強くけり出せない・・・
1483667065034.jpg

桂川を渡って京都市内に入るころには日没。
頻繁にストレッチ。かなりペースダウン。
1483655510573.jpg

ライトアップされた東寺に到着!
「よく頑張ったな」
と出迎えてくれているように思えました。
1483655527951.jpg

ゴールは目前と思うと、
不思議と足の不調が気にならなかったです。
そして、ついに目指していた三条大橋に到着!!1483655560981.jpg

達成感MAX! 

推定距離44km(11里) 所要時間10時間


興味本位で

2回にわたって自宅から京都まで歩きましたが、

10時間以上歩くと、

いろいろな事に気づかされます。 

 ・左右の足の筋力差
 ・小さな体の歪み
 ・腹圧が低下すると歩行姿勢が崩れ、
  足が着地する衝撃まで変わること
 ・歩いているときのほうが
  頭がよく回転している(脳が活性している)こと

自分の心身の状態がよくわかりました。

そして、

現代社会で生活していては分からなかった、

 歩いて移動することの苦労 
 昔の人の歩行能力の凄さ

を感じることができました。

尊敬の念で

昔の人は偉かった!
 

移動に自動車やバス、鉄道、飛行機を

当たり前のように利用する今の世の中

  ひたすら歩く

これは、いい経験です。


posted by かがやくトレーナー飯窪 at 12:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178296448
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック