2021年02月16日

新聞に掲載されました!


あるとき、
思いついたチャレンジを実行しただけ。

『昔の人のように、
  東海道五十三次を14日間で歩く』

あとには引けないように、
教室の会員さんに決意表明をする。

すると、

多くの会員さんが、
いろんなかたちでサポートをしてくれました。

スポンサー、道中のグルメスポット紹介、
応援メール、応援コメントなどなど…

さらに、
知り合いの新聞記者さんへの情報提供も。

そして、
取材を受けて読売新聞に掲載されました。

https://www.yomiuri.co.jp/local/hyogo/feature/CO047611/20210209-OYTAT50032/

実は、
出発前に取材依頼があったのですが、
「不要不急の外出自粛が呼びかけられている中、
 新聞に載って非難されるのでは…」と、
取材を受けるか返事に迷っていました。

記者さんが、
「ずっとマスクを着けて歩いては」と、
提案してくれました。

個人的な思いつきのチャレンジが、
「苦しいけど、
 感染対策をして東海道を踏破した」
「コロナ禍でも運動しましょう!」
と、良い社会的メッセージになると。

このアイデアが私の背中を押してくれて、
堂々とチャレンジすることができました。

「東海道らしい自撮り写真を
 撮っておいてください」とも注文を受け、
提供したのが富士川での一枚です。

(2月4日の丹波新聞は一面に別記事が掲載)

掲載されると、
私以上に会員さんたちが喜んでくれました。

「おめでとうございます」
「友達に自慢します」
「主人が喜んで教えてくれた」

本当に嬉しかったです。

東海道五十三次ウォーキングチャレンジが、
多くの方の健康維持の動機づけになり、
元気で明るい未来につながれば幸いです。

posted by かがやくトレーナー飯窪 at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 東海道五十三次ウォーキング
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188409808
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック